dalle’s blog

大体音楽と馬と個人的な記憶の記録にシフトしていくようにしています

【そんなことより…?】Twitterの機能の話

Twitterから新しい機能がリリースされたけど「そういうことじゃない」「そんなことよりこっちをやって」という意見を沢山見たので、自分なりに思っていることを整理して書き留めておきます。

別に討論用ではないですし討論するつもりもないです。正解である必要もないと思ってます。私なりの考え方。

------------------------

【前提と考えの中心概念の参考にした記事】
Twitter社の理念
私たちは表現の自由を信じ、すべてのユーザーが、世界に影響を与える力を持っていると考えています
https://about.twitter.com/ja/values.html

ツイッターでは「関心」によって誰かとつながる
https://twitter.com/dprsvblue/status/932960358918078464/photo/1
ツイッターはたった今何が起こっているかを発見したり共有したりするツールです。だれかがツイッターにあらゆることを140字以内の短い文で投稿すると、このタイムリーな小さな情報は、すぐに「フォロー」しているみんなに送ることができます。ツイッターソーシャルネットワークではありません。
http://dailynewsonline.jp/article/1378713/?page=all

Twitterブラックホールのように思えるという人がいる。
TwitterおよびVineで、「星」による「お気に入り」を「ハート」の「いいね」に変えたのは、なんとか閲覧者からのレスポンスを増やしたいとする、Twitterの強い願いがこめられたものなのだ。
http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/twitter-iine_b_8475836.html

これらの内容を読むと、Twitterをどういうツールとして提供しているかというと、
・表現が自由にできる
・関心や発見を共有できる開かれた場である
の部分に重きをおいているのかな~と。なので、「表現する(発信する)」ということが最大限にできるほうに考えを置いても全く不思議ではないです。

 

【勝手な推測】
とはいえ、「○○さんがいいねしました」の記事からの閲覧やエンゲージメント(いいね、RT、フォロー、URL遷移とか)が一定数生まれておるんだと思います。
「私のいいねをほかの人に流したくない」という声はあっても「ほかの人のいいねなんか見たくない」はあんまりないのかな~と考えると、あなたのいいねは他の人へ向けたコンテンツ発見になっている可能性があり、「隠したい≒共有したくない」という思いより、現状をサービスとしてTwitter側が重視するのは筋道が通っているように思います。

 

【今回の改変及び皆様のご意見】
・フォロー相手の「いいね」表示減らせる新機能
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/21/news066.html

【それに対する私の考え】

んで、今回の機能改変について、私がTwitterの中の人みたいに喋ってみるとすると

「みんなに発信とか共有してほしい前提だし、だれもいいねしたことを非難されるべきじゃないんだよね。だってこのツールは開かれた場だし、匿名である必要もないし、複数アカウントをみんなが使い分けていることも知っているよ。だからそのまま使い続けてほしいけど…本人がツイートすること自体は素晴らしくてもいいねするコンテンツまでがいいとは限らないこともある。例えば、雄弁な企業社長が卑猥なコンテンツにいいねするのは自由だけど、見たくないこともあると思う(むろん、Twitterというサービスの特性上、その雄弁な社長が何をいいねしようと自由だよ)。そういうことを制限するために今回の機能を作ったよ」
という事だと思うので、ナンセンスというご意見はあれど、Twitter側はかなり優しさを持って機能追加してくれたんじゃないかなあ、と私は思っております。