【うつ状態】きた!1回目の揺り戻し

実際は今も揺り戻しの只中ではある。けれど書く。私は痛みをすぐに忘れるから、思い出して辛かろうが、泣こうが喚こうが、書く。
--------------
ちょうど復職して2か月くらいになると思う。それまでは特に大きな問題はなく、自分では順調だと思っていたし、周りもそう思っていたと思う。浮き沈みを繰り返して治っていく病気だとは知っていたけど、自分は単純に体が疲れていただけだからそんなことはきっとない。そう思って、順調に経過していてラッキーだと思っていた。

が、突然。本当に突然揺り戻しが来た。ウソ。本当は突然ではなかった。予兆はあった。自分で蔑ろにした。だって私は「順調に経過してラッキーな人」の類だったはずだったのだから。

まず、仕事が忙しくなった。残業はしない方針に変わったとはいえ、8時間をトップスピードで走りぬき、そのままの勢いで家に帰っていた。昼は弁当を掻き込んで、ようやっと仕事が終わっていた。急ぎの仕事ばかり。数字やデータの細かい仕事が続く。ここ1週間を振り返れば、家に帰ってずっとぐったりしていた。夕方にはいつも頭が痛かった。呼吸が浅くなり、歯を食いしばっていたことが原因だと思うけど、とにかくこれらは関連していると思う。
次に、体調に変化があった。とにかく下痢が多い。ちょっと食べ合わせが悪かったかな、という日があったが、それ以外もおなかを下しやすくなっていた。睡眠はとれていたけれど、朝はいつも眠く、揺り戻しの2,3日前は悪夢でハッと起きてしまうことがあった。
そしてきわめて機嫌が悪かった。冷静になることができなかった。会議中に「その話が無駄なので私やりますね」と言ってしまって、後悔もした(まあ、あれは実際無駄な話だけどね。言い方は良くないね)

揺り戻しが来る日の朝、とても疲れていた。眠たかったし、休もうと思ったけど、週末少し遊びすぎたのだろうと思って仕事に行った。なんと最近の私は体がいくら寝てても頭が動いているのだ。行くと仕事ができてしまう。体と頭がばらばらの状態だった。その日も仕事はできたけれど、帰りの電車で突然泣き出してしまった。
私は、揺り戻しが来たことを、この時確信した。

具体的にどういうことを思うかというと、とにかく絶望。「私は生きるのに不適合だ」とか「どうして生きている価値が見いだせないんだ」といった具合の絶望で、「死にたい」とは全く思わない。ただし、悲しみと絶望は収まらず、薬を飲んでもその日の夜は怖くて仕方がなかった。

「自分がまたもとに戻ってしまう。またあんな風になってしまう。怖い、怖い」

と思いながら、頭の片隅で「このまま明日仕事に行ったら(電車のある所にいったら)やばいな」という冷静な自分がいた。日付が変わる前に上司に連絡して昼まで休みをもらった。
今はだいぶ落ち着いてきたけれど、まだ恐怖から逃れられないでいる。でも、半日でも休んで眠ったことは自分にとって本当に良かった。

今思い返せば予兆があったと書いたけど、あれがまさか予兆だなんて思ってなかった。完全に舐めていた。
私はまた一つ、私のことを学んだ。