読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【うつ状態】仕事に復帰する

仕事を休んでから2か月後、仕事に復帰した。予定通りの復帰で逆に周りが心配しているように感じるほどだけど、今のところは休む前のような症状は出ていないし、気分も悪くない。
復帰に当たって、会社を含め、いろんな人と会話をした。

まず、担当医と相談した。2か月の予定終了を目前に、会社と話をするか、仕事をするならどうするかを話した。とりあえず休職期間を延ばすまでは行かないけれど、仕事をするなら時間を短くしてもらったり、満員電車を外して出勤して徐々にならそう、ということになった。自分でもそういう風に考えていたし、担当医も賛成してくれたので自分の意思を固めることができた。

次に、友達や家族に話した。このとき、ほとんどの人が私に「少し早いんじゃないか」と言ってくれた。でも、それと同時に「顔色が良くなったね」とも言われた。自分でも顔色が良くなっているのはすごく良く分かっていたので、他人からもそういう風に言われて回復を確信した。

最後に会社の人間と話をした。私はこの会話をするにあたってすごく構えて「戦闘態勢」に入っていた。復帰するにあたっての私の希望にNOが出たときにどうするか。辞めなければいけない結果になったときにどうするか。考えたり調べたりして、診察の清算明細書や処方された薬の説明書などもすべてそろえて持っていった。

結果は肩透かし。会社はとても良く話を聞いてくれた。

人事の担当と話し、そのあと現場の人間と話す段取りになっていたけれど、最初は短い時間からならしたほうがいいのではないかと言ってくれたのは会社のほうからだったし、心配なことがあれば何でも言って良いと言ってくれた。辛い日は遅刻/早退したり、休んだりしても良いとも。安心したけど、あまりにも構えすぎていたので怖くなった。めちゃくちゃ減給されているとか、降格させられているからこんなに甘いんじゃないかと勘ぐってしまうほどだった(そんなことなかったけど)。
結果、1週間は短い時間で勤務、そのあと体が慣れたら通常勤務に戻ることになり、今は通常勤務中。仕事の量も以前に比べたら格段に減っているし、周りの人間が増えている。ある程度環境が整った上で復帰できた。

ただし、最初の1週間はやっぱりきつかった。1日外にいる体力があっても、本を読む集中力があっても、周りにたくさんの人がいて、不規則に会話したり電話が鳴る環境はやっぱり神経が疲れたみたいだった。しかも、凡ミスが多い。校正の目や感覚が衰えていることは明らかだった。

ここで挫けたり、やっぱり私はダメなんだ、と思う人もいるかもしれないけれど、私の場合はいろんな人が声をかけてくれて「焦らなくて良い」と言ってくれた。担当医も、上司も、同僚も、友達も。だから、きっと少しずつ良くなってもとに戻るんだろうな、と思いながら今仕事をしている。現に、本当に少しずつだけど戻ってきている感覚はあるし、疲れも薄くなってきた。

私がこんなに早く復帰できたのは周りの人の支えがあってこそだったと思うし、自分が周りの意見を素直に聞けるようになっていたからだと思う。
今のところは順調そうに感じている。これが続けば良いなと思う。