dalle’s blog

大体音楽と馬と個人的な記憶の記録にシフトしていくようにしています

【考察】贅肉の見え方と砂金採りの仕方

この記事の発端は、1人の他人が私にいらんことを言ったからで、かといっていまさら考え付いたことでもないので自分の考えをまとめてみようと思った。
先に行っておくけども、別に個人を責める記事でもないし、当該人を嫌いになったわけではない。

とある日、私は自分の業種から行くとそこそこ「頑張ってここまできましたね」というようなフォーラムに参加していた。ド田舎から東京に1人でやってきて、まったく予想もしなかった業種に飛び込めたのはいろんな人が根気よく手や力を課してくださったからで、私としては自分の努力よりも、そういった人たちに感謝の念に堪えず、その喜びを伝える意味で出来事をメッセージした。最初のうち、相手はそれなりのリアクションを返してきていたのだけど、途中で以下のようなメッセージが送られてきた。
「話変わるけどさ、(有名人の)○○ってさ、太ったよね」
と。一番良くないタイミングで一番良くない話題が降ってきた。どうよくないかというと

①私が嫌いな「他人の体形の話をし始めた」:55%
②話のイニシアチブを取るために他人の話題を出してきた:40%
③私の報告事項を遮った:5%

位の内訳。
こういう話をすると良く他人から「考えすぎである」とご指摘を頂くけれども、この際言っておくと「どっちが考えすぎなのか、考え『なさすぎ』なのか、そもそも考えたことあるか?」と思って生きている。考えすぎ、と結論付けるための引き算できる母数がどの程度か、考えてあるのだろうか、と。ので、断っておくけども私に「考えすぎ」と、まさに③のようなことをしていただく必要はない。

さて、①について解説していくと、「他人の体型の話をする」ということは、倫理的なタブーの見方が一般的に強いと思う。その感覚はものすごく良くわかる。けど。けども、大体話題として面白くない。他人の太った痩せた、薄くなった修正した隠した、この話題の面白さがわからない。面白くない話題を振って来た時点で重罪であるのに、倫理観も欠けているなんて、いらないどころか嫌悪感が凄まじい。
そのやり玉に上がった有名人について、どうして太ってしまったのか、太ってしまったことによる損失や新たな可能性があるか、などについて話すことは私もできる。残酷ながら「コンテンツ」として人が変わったことについて真面目に討論することは好きだから。ただ、人が人として太ったと言われてもニヤリともできないし、意味も分からないし、何の同意を求められているのかがわからない。
会話の続きとして「副作用かなにかかもしれないよ」「むくんでしまっているのかもしれないよ」という可能性を私から提示したが、そんなこと話している自分、何なんだよ、という気分になった。

加えて、私は過去にこのようなことを言われたことがある。
「貴女はステージに立つならもう少し痩せないとね」
この言葉は胸に今でも突き刺さったままで、人の前に立つことを今でも億劫にする。
私は小さいときに家が豊かでなかったため、空腹になったことはなかったものの、他の家庭のような「食の自由」はなかった。高校生にあがると、今度はCDを買うために小遣いを切り詰め「コンビニエンスストア」という楽園に足を踏み入れないように努めた。東京に出てきてからは働き、時間に追われ、時には幾つもの仕事を掛け持ちして学費を返した。親の援助は受けなかった。そこからすこしずつ貯蓄に余裕が出てきて「やっと好きな時に好きなものが食べられる」という自由を手にした。それからごく僅かな時間がたったとき、私は先の言葉で「好きなものを好きな時に食べる」という感覚をなくした。三大欲求のうちの1つは早々と正常に機能する機会を失った。
胃はいくつもの種類の料理を受け付けなくなり、腸は正常値を忘れて下し、脳はカロリーにおびえ、「太るぞ太るぞ」と食べることに罪悪感がある。そういう人間に、たとえ本人のことでなかったとしてもそう言うことを話すのは酷だと思う。私の被害妄想は膨らんで、そのうち外も歩けなくなるだろう。

誰かの幸せを奪うかもしれないし、誰かの不幸を増幅させるかもしれないのに面白くもない話をするということはあまり建設的ではないようにおもう。こういうのが「ナンセンス」だと言うんだろう。

②について。
「自分のことを話したい」タイプの人の中で、会話のイニシアチブを直接的に取るのが好きだという人がいる。これ自体は特に否定しないし、私も主導したいジャンルや場面はある。ただ、それを「他人のこと」で切り替えてきたのが頂けない。自分の話をすればよい。幼子のように「聞いて聞いて」と自分の身に起こったこと、考えたことを話して会話を自分に引き寄せればよいのに、まさかアンタ他人様の褌を勝手に借りたばかりか汚れていると鼻で笑うなんざ、浅ましくて反吐が出る。
この手の話以外でも、私は「自分事」のできごとを話してくれる人のことが好きだ。「あの有名人が好きだ」という話は自分事である。が「あの有名人は太っている」だけでは自分事ではない。ホテルの立食パーティーで大皿をテーブルに置いたにすぎず、自分は味わうことができないどころか、消費されるかどうかもわからない。人気があったかどうか「すべて終わった後」にわかるような話題の置き方だ。

③について大したパーセンテージが割り振られていないのは「私の話など所詮聞きたい人間などおらず、この程度である」という諦めが私の心に蔓延しているからで、この諦めがなかったらもう少し高い割合を示していたかもしれない。
これについては、怒りよりも「自分に話してくれた人がいてくれたら、その時はもっと聞きたい」と思えただけだった。

こうやって分解していくと、100%の不快感だと思ったところから少し学びがあった。
考え「すぎる」るのだって悪かない。
ただ、砂金採りのような、見る人からしたらやっぱり不毛なことなんだろうけど。

生かされている馬と私

最近乗るようになった馬がとても攻撃的だ。

これはおそらく臆病とか敏感とかいうところから来てるんだろうけど、今までで彼が一番怖い。威嚇はする、体当たりはする、噛みつく。すぐに耳がきゅーっとなってぴりぴりモードになる。嫌だなあという気持ち、でもやらなくちゃという気持ち、心配な気持ちが混ざるから余計馬に不安を与える。良くないと思いながら、でも、心配な気持ちはどうやったら拭えるんだろう。

心配な理由は、やっぱり馬は人間に愛されないと生きる道がどんどん狭くなるから。ここのクラブでずっとこうだったら?みんなが乗りたくないっていったら?彼はどこに行ってしまうんだろう、と思うと「少しずつ、頑張ろう、一緒に慣れよう」という気持ちになる(そして威嚇されてもとに戻る…)。「生かしてる」というつもりは毛頭ないけど、社会性がとても強い動物だから、野生であっても自分だけでは生きられない。今は人間の社会性の中で生きている。だから淘汰するかどうかを人間が決めてしまう。

私だってそうで、人間の社会の中で生きている。皆が生きる上で社会に与えた余力に頼って生かされているに過ぎない。皆の余力が少なくなったら。ちょっとずつ支えて行く社会が薄くなっていったら。人間だってキレイごとだけは言ってられないと思う。余力の中で生かす優先順位はどうしたってつけざるを得ないはず。ノアの箱舟に誰がのるか、選ぶ時がくるということ。
そうなってもおかしくないのに。誰かのものを盗らなくて済んでいるのは、誰かがそれを悪と教え、必要ないように生きる力を辛抱によって与えたから。誰かを殺さずに済んでいるのは、また誰かがその意味を説き、理解を教えたから。そしてご飯が食べられて、雨風をしのいで寝起きができて、好きなことまでできるのは、みんなの余力の中で生きられているから。
ありがたいとか、私もそういう人間に、とかそういうことではなく、単純に、生かされている。生かされている上に、社会に人間にしてもらっている。ある程度身を任せていれば、まずもって死ぬこともないんだろう。

生きられている間に、わあ、生きといて良かったなあ!と思うようなことがいっぱい起こるといいと思うし、沢山の生きている人にも起こるといいと思う。

ちょっとずつの余力で皆がちょっとずつ生きて、良いことが起こるなんて、この世は凄いところだ。


あの馬にも良いことが起こりますように。

【音楽】消去動作から考える音楽のあり方

このあいだ、ホースメッセという馬のイベントで講習に出たんだけど、その時に『消去動作』というキーワードがでた。
馬が自分の判断で緊張を解除したと確認するためにそれがでるか、という話で、聞いたことが無かったので調べたら『通常の状態に戻すこと』らしい。

同時に、最近音楽を作ることについて考えていたので、もしかして人間は音楽に『消去動作』の効果を期待しているのでは、と結び付いた。
悲しいときに泣く、気分が高揚したときに発散する、という具合で、まぁハイテンションや鬱々とした状態で一生を生きるのは無理なので、音楽を消去動作として、通常の自分に戻していく。

よく『音楽が浅い』とか『ルーツから遠い』と言われることに少し関連するかもしれないなあという気もする。
消去動作の意味が薄いものは求めてる意味に対して効能が薄いから、浅いし、行動に紐付かないから生きること(ルーツ)から遠い。
多分、残っていくものはいつの人の世にも必要な指南書だから残るんだな。

ただ、世の移り変わりに伴って人間の感情を揺るがす要因も変わるので、色んなジャンルや色んな曲ができるんだろうし、それであればなおさら人間が生きるにあたって必要な事のように思う。
多分、音楽を聞かない人は他の事で消去動作する。例えばお酒を飲むとかもそうかも。物に当たるとかもそうかもしれない。

一般的に感受性が高い人がクリエイティブであるというのがあるけども、これは感じるものが多すぎるが故に消去動作をしまくらないといけなくて、しかも感情の種類が細かすぎるから、既存の指南書だけではぴったり来ないことがあって、それを補うために作らないと生きられないのかもしらん、と考えるとなんとなくしっくりきた。

 

【そんなことより…?】Twitterの機能の話

Twitterから新しい機能がリリースされたけど「そういうことじゃない」「そんなことよりこっちをやって」という意見を沢山見たので、自分なりに思っていることを整理して書き留めておきます。

別に討論用ではないですし討論するつもりもないです。正解である必要もないと思ってます。私なりの考え方。

------------------------

【前提と考えの中心概念の参考にした記事】
Twitter社の理念
私たちは表現の自由を信じ、すべてのユーザーが、世界に影響を与える力を持っていると考えています
https://about.twitter.com/ja/values.html

ツイッターでは「関心」によって誰かとつながる
https://twitter.com/dprsvblue/status/932960358918078464/photo/1
ツイッターはたった今何が起こっているかを発見したり共有したりするツールです。だれかがツイッターにあらゆることを140字以内の短い文で投稿すると、このタイムリーな小さな情報は、すぐに「フォロー」しているみんなに送ることができます。ツイッターソーシャルネットワークではありません。
http://dailynewsonline.jp/article/1378713/?page=all

Twitterブラックホールのように思えるという人がいる。
TwitterおよびVineで、「星」による「お気に入り」を「ハート」の「いいね」に変えたのは、なんとか閲覧者からのレスポンスを増やしたいとする、Twitterの強い願いがこめられたものなのだ。
http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/twitter-iine_b_8475836.html

これらの内容を読むと、Twitterをどういうツールとして提供しているかというと、
・表現が自由にできる
・関心や発見を共有できる開かれた場である
の部分に重きをおいているのかな~と。なので、「表現する(発信する)」ということが最大限にできるほうに考えを置いても全く不思議ではないです。

 

【勝手な推測】
とはいえ、「○○さんがいいねしました」の記事からの閲覧やエンゲージメント(いいね、RT、フォロー、URL遷移とか)が一定数生まれておるんだと思います。
「私のいいねをほかの人に流したくない」という声はあっても「ほかの人のいいねなんか見たくない」はあんまりないのかな~と考えると、あなたのいいねは他の人へ向けたコンテンツ発見になっている可能性があり、「隠したい≒共有したくない」という思いより、現状をサービスとしてTwitter側が重視するのは筋道が通っているように思います。

 

【今回の改変及び皆様のご意見】
・フォロー相手の「いいね」表示減らせる新機能
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/21/news066.html

【それに対する私の考え】

んで、今回の機能改変について、私がTwitterの中の人みたいに喋ってみるとすると

「みんなに発信とか共有してほしい前提だし、だれもいいねしたことを非難されるべきじゃないんだよね。だってこのツールは開かれた場だし、匿名である必要もないし、複数アカウントをみんなが使い分けていることも知っているよ。だからそのまま使い続けてほしいけど…本人がツイートすること自体は素晴らしくてもいいねするコンテンツまでがいいとは限らないこともある。例えば、雄弁な企業社長が卑猥なコンテンツにいいねするのは自由だけど、見たくないこともあると思う(むろん、Twitterというサービスの特性上、その雄弁な社長が何をいいねしようと自由だよ)。そういうことを制限するために今回の機能を作ったよ」
という事だと思うので、ナンセンスというご意見はあれど、Twitter側はかなり優しさを持って機能追加してくれたんじゃないかなあ、と私は思っております。

木曽馬を見に行ってきました

10月、台風の合間の晴れを味方に、長野県木曽郡に「木曽馬」を見に行ってきました。
木曽馬は日本に8種類ある在来馬の内の1種類で、長い盲腸を持って粗食に耐え、足腰の強い馬だそうです。
私が見に行った「木曽馬の里」では35頭程度が保護・育成をされてました。1つ学んだのは、育成や保護の中には血統の管理も含まれているということ。血が濃くなると命がつなぎにくくなるんですね。

現物を一目見て野生の圧迫感というか、やっぱり大きいな~という感じを受けました。
※洋種馬より30センチほど体高が低く、体重も100キロほど違うのに!

行った日はちょうど放牧をされていて、皆気持ちよさそうに草を食んだり、砂浴びをしていました。でもみんな寝ころびすぎて泥だらけ、草の実だらけ。厩務員さん、凄い手入れが大変そうなほどお外をエンジョイしていました。
1頭だけどうしても蹄の調子が悪く、外に出れないために物凄い声でいなないていました。ちょっぴりかわいそうだけど、ガマン。

乗馬体験もできるので1人で室内乗馬を20分程度体験しました。のせてくれたのは「ななちゃん」。実は19歳のおばあちゃん!笑
いつも乗っている洋種馬と違い、おなかがかなり大きいので合図を出すのも弱めから少しずつ。足が短くて回転が速いので走らせるとちょっと怖そうだったのでゆったり楽しみました。


最後に体の部位に触らせてもらいましたが、顎と首が大きいので頭自体が大きかったのと、蹄が寝ていない(よりつま先立ちに近いイメージ)のに加え、皮膚が厚く、愛撫でポンポンと首筋を軽くたたいてやるのですが「伝わってんのか?」と思うほど、ぼふっ、とした感じでした。いつもの洋種馬はパンパン音がなるんですが全くならず。笑
多いときは100人位体験乗馬しにくるそうです。皆、働き者だ。

人も少なく、そこら辺はずっと自然ばかり、ずっと草をむしる音だけを聞きながら眺める木曽馬はとても綺麗でした。
馬好きが高じた単発旅行でしたが、ほか7種類+引退馬を保護している牧場にどんどん行ってみようと思っています。

 

f:id:dalle:20171214131840j:plain

f:id:dalle:20171214131910j:plain

f:id:dalle:20171214132009j:plain

f:id:dalle:20171214132044j:plain

初!外乗:ホーストレッキング

乗馬ライセンス5級がとれたら外乗にいくぞ~◎という楽しみを先月山梨県韮崎で叶えてきました。
行ってきたのはサニーフィールドさん。9頭のキャストと2頭のわんわんがいました。

最寄りのホテルまでお迎えに来ていただけたので15分ほど車に乗り、降りて最初にお出迎えしてくれたのは白黒のラニー。わふわふと飛び付いて歓迎してくれました。
そして引いてこられたのは私を乗せてくれる『ミルキー』。23才の大ベテランです。

乗る前から天空感が凄く、感嘆しすぎて手綱の持ち方もめちゃくちゃ。笑
最初に少し基礎練(私はお復習と慣れ)をやっていざ出発…出発!?最初が坂道だ!しかも砂利道!いつものレッスンでは平坦な道しか歩かないし、土なのでなんの心配もないですが、最初から心拍バクバク。でもなんの事はなく、ミルキーがゆっくりゆっくり降りてくれました。

そのあとはそのまま車道を歩いて(車もくる!)林道へ。回りの人にも挨拶しながら林にはいるとまだ紅葉が残り、木漏れ日が差し込み、とても雰囲気がありました。ミルキーが道草を食うのでぐいっと誘導しながら笑、サニーフィールドの方とお話しながらトレッキング。何もかも忘れて、アルプスと木々に囲まれながら素晴らしい時間を過ごしました。

今回は紅葉でしたが、春には桜が、初夏頃は木々の緑が素晴らしいとのこと、今度は暖かくなったら行きたいな~◎

 

f:id:dalle:20171214131021j:plain

☆サニーフィールドさんのダイアリーに載せて貰いました
http://www.sunny-field.com/diary/index.html

【プレゼンテーション】If I Were A Boy/Beyonce

各所でプレゼンテーションして反応が少しあったのでこちらにも書き残しておきます。というか、こういうことがたくさん書けるといいなと思いますが。

紹介するのはBeyonceのIf I Were A Boy。

まず、楽しんでいただく方法としては
①楽曲だけ聞く

www.youtube.com


※英語がわかる人はこのまま歌詞を見ながら②の工程はスキップ

②楽曲を歌詞を見ながら聞く

luckyyygirlll.blogspot.jp


※外部の方が訳してくださったこちらがニュアンス的には自分に近いです。翻訳、ありがとうございます!

③歌詞を思い出しながらPVを見る

www.youtube.com

なのですが。

私が素晴らしいと思ったのは、歌、曲詩、ビデオ、すべて均衡にレベルが高く、どれも飛び出していない上に、どの角度から入ってもほかの分野に遷移できるようなルートができていること。加えて、ちゃんとポップスユーザー向けに間口を広く、とはいえわかりやすいだけでなく波をビデオの中で作ってクライマックスまで用意してあること。
30年生きてきて、お恥ずかしながらこの「三位一体」の感覚に衝撃を受けたのは初めてで、「これがプロの仕事か」と思いました。

 

こっからはネタバレです~。
-------------------------------------------------
基本的に私はビヨンセの曲はこのくらいの音数の少ないものが好きです。
この曲は「もし私が男の子だったら…」というタイトルで、「男の子だったら好き放題する。でも、女の子の話はちゃんと聞いてあげる。だって、彼女の辛さがわかるから」というようなニュアンスの曲です。

ビデオがことに素晴らしいですが、まずビヨンセが冷たい方を演じるので大抵の人はここで「あ~、男女の位置転換をして見せてるわけね~」となるんですが、後半に、ビデオでは口頭会話を行うシーンがあります。ここで「なにをそんな妬いてんだよ…」というようなセリフをお互いに言うのですがその隙間に「What?」という一言が「色をつけて」発せられます。ここがクライマックス。
※個人的にはここでビヨンセがもう少し涙を流してくれても良かったきがする

で、曲としては「女の気持ちがわからない男」という話なんだけど、ビヨンセが先に男を演じることで、「でも、女の子も反対だったら…わかんないよ、おんなじこと、してるかも」というニュアンスも感じます。

哀しいし、すがりたいし、文句も言いたいけど、自分だって完璧にできるわけじゃないってことはわかってる。だから最後に「But you're just a boy」とだけ言うわけです。「だって、でも、あなたはただの男の子だから。」

うわああ~、これってなんか、こんなこと、言われた覚え、言った覚え、ありますよねー??っていう。
とってもシンプルだし、本当に「ポップ」ですが、これがプロが仕事することか~~~!!!と感嘆いたしました。

もちろん純粋に感動もしました。何回か泣きましたから!
でもどれが欠けても成り立ちません。すばらしい作品を見ました!